Uber Eatsアカウント停止まとめ「規約違反、ダメ、絶対」【7選】

毎度どうもです!
Yamatoです。

今回は規約違反について要チェックポイントの解説です。
最悪、アカウントの永久凍結までありえるので、基本的に規約は順守しましょう。

アカウント凍結の種類

アカウント凍結の種類は大きく分けて2種類あります。

アカウント凍結の種類
・永久凍結
・解除可能な凍結


①永久凍結
俗にいう「一発アウト!」です。
Uber Eatsさんも願わくば配達パートナーが減るようなアカ凍結はしたくないでしょうが、それをおして迷惑・危険・違法行為をした場合には厳格に処分されます。


②解除可能な凍結
こちらは比較的、軽度な違反や規約違反をした場合に処分されます。
この場合、詳細は不明ですが5段階の警告を経て、永久凍結に至ります。
凍結の解除にはパートナーセンターへ行き事情の説明が必要なものもあります。

カウント凍結の具体例

Uber Eats自体が具体例をまとめあげてくれていればいいのですが、そのあたりはフットワークが重い感じですよね。
では、いくつかの具体例を交えてみていきましょう。

1.Uber Eatsのアカウントの不正利用

例えば、他の人のアカウントで配達を行う行為、複数人でアカウントを使いまわす行為などがあります。

また他の人のアカウントで顔認証をする行為なども含まれ、一発で永久凍結の可能性が極めて高いです。冗談(顔認証の精度をたしかめたい場合)でも他の人のアカウントで自分の顔で認証するのはやめましょう。


2.ユーザーの個人情報やレストランの写真を公開する行為

例えば、配達先の注文者さんの住所や電話番号、建物や顔写真やレストランの写真などをSNSで公開する行為なども発覚すれば一発で永久凍結の可能性が極めて高いです。

また注文者さんの家に押し入るなんてのは普通に犯罪なので警察に捕まります。


3.登録車両と異なる車両で配達する行為

例えば、「原付で登録しているのに、自転車で配達した」「緑ナンバーのバイクで登録しているに白ナンバーのバイクで配達した」等が発覚した場合も一発で永久凍結の可能性が極めて高いです。

そもそも白ナンバーでの配達労働は違法なので、基本的に違法なことはすべて永久凍結であるといえます。

「自転車で登録して原付でいってもバレないのでは?」と思うかもしれませんが、GPSにより速度もある程度、把握されるのでやめた方が無難でしょう。

また、ユーザーや店舗や他の配達パートナーからの通報でバレてしまうこともあるようです。


4.配達距離を長くする不正行為

Uber Eatsは配達距離に応じて報酬を決めています。ですので、わざと遠回りして配達距離を延ばすことはアカウント停止になりえます。

ただし、道を間違えるなどは普通にあり得ることなので、配達パートナーの平均の配達単価またはUber Eatsの定める適正距離などと著しく乖離している場合には悪質とみなされて永久凍結の可能性はありますが普通に起こりえる範囲のミスであれば解除可能な凍結になることもあります。


5.キャンセルをやりすぎる行為

まずキャンセルは主に3種類のキャンセルがあります。
「リクエストを(画面左上の)拒否するをタップするキャンセル」と、「商品を受け取る前のキャンセル」「商品を受け取った後のキャンセル」です。

最初から「リクキャン(応答率)」「ピックキャン」「ドロキャン」としましょう。

まず、リクキャンは50%以上であればさほど問題なく、警告メールが来る確率も低いといえます。
ただし、ピックキャンやドロキャンはユーザーや店舗に迷惑のかかる行為ではあるので、処分されやすい傾向にあります。

よく噂される「警告メール→警告メール→アカウント停止(パートナーセンターで解除可能)→警告メール→永久アカウント停止」の5段階を踏むという情報もあります。結局、AI判定やUber Eatsの内部規定によるので外部に正確な情報はでてきません。

ピックキャン(多くても5%以下)やドロキャン(多くても1%以下)はなるべくしないようにしましょう。


6.評価が低すぎるケース

配達パートナーはユーザーと店舗から評価されます。

評価は運にもよりますがひとつの目安として90%以上あれば問題ないかと思います。極端に評価が低いとAIによりリクエストが後回しにされるケースもあるとかないとか…。どちらにせよ、ある程度、にこやかにしつつ「Uber Eatsでーす」「代金は○○円でーす」くらいは言えて、清潔そうな服装をしていれば90%以上は問題なくクリアできるでしょう。

ただし店舗評価は不運にみまわれることもあるようです。



7.つまみ食い

配達中に商品をつまみ食いする行為も発覚すれば即永久凍結です。気を付けましょう。


8.その他違法行為

現状のUber Eatsのシステムでは免停中や飲酒運転は把握できないでしょうが、完全に違法ですし、もし発覚したら間違いなく永久凍結になるでしょう。

また、規約変更も結構頻繁に行われるので、きちんと確認するようにしてくださいね。よく耳にするのが以前は大丈夫だったけど、いきなり警告が来るようになったという、いわゆるBAN祭りもあるので日ごろからAI様に目をつけられない配達を心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です